乾燥肌かゆい

肌に潤いを与えるには?

女性ホルモンと肌の関係に着目して開発された
天然タマスクローズ100%の高級ローズの基礎化粧品。
一度は試してみてほしい極上アイテムです(・∀・)b
>>>極上の潤い体験をアナタに・・

冬の乾燥肌とかゆみのベストな対策方法

乾燥肌,かゆい

 

冬の乾燥肌とかゆみ

 

冬は空気が最も乾燥していて、通常乾燥肌では無い人でもちょっとした原因で
乾燥肌を引き起こしてしまう事があります。

 

 

 

空気が乾燥して肌の水分が奪われやすくなる他に、暖房などでさらに空気が乾燥してしまうため、
暖房をかけているのに加湿を全く行っていないような場所に長時間いると
肌がかさかさになってしまうのです。

 

 

 

さらに寒い冬は体の機能が低下し、
新陳代謝なども落ちてしまう事がますます肌の乾燥に拍車をかけてしまいます。
このような冬の乾燥肌と痒みにベストな対策方法を紹介します。

 

冬の乾燥肌とかゆみ対策

 

まずは自分や自分のいる環境をしっかりと加湿、保湿することが大切です。
幾ら肌が乾燥しているからと保湿クリームなどを塗りこんでも、
いる空間の空気が乾燥していたら肌は乾燥してしまいます。

 

 

 

部屋にいる場合には加湿器をつけるのが一番の方法ですが、
加湿器がない場合は洗濯物を干すだけでも加湿効果があります。

 

 

 

やかんにお湯を沸かし、沸騰したらふたを開けて放置するという方法も良いです。
寒くなると熱いお風呂に入りたくなりますが、肌の乾燥が気になる人は熱いお湯は避けてください。
お湯で肌を保護していた皮脂膜が溶け出してしまい、刺激を受けやすくなります。

 

 

 

石鹸は泡立てネットなどで泡立てた後、掌に泡を取り、
優しく包むように洗います。ナイロンたわしなどでゴシゴシこすってはいけません。
優しく洗ったあとはしっかりと石鹸分を洗い流し、優しく抑えるように身体の水分を取ります。

 

乾燥肌,かゆい

 

保湿クリームや保湿剤などを塗るときは、入浴後の清潔な肌に5分以内に塗ります。
入浴後時間が経つにつれて、水分はどんどん奪われてしまうので、すばやく行う事が大切です。

 

 

 

脱衣室に保湿剤を持ち込み、服を着る前に全身をたっぷり保湿しましょう。
また、外出などの際も乾燥しやすいので、ミスト状の保湿スプレーなどを携帯しておくと便利です。

 

 

 

冬場の肌の乾燥や痒みで忘れられがちなのは肌着です。
乾燥しやすい肌の人は刺激に弱い人が多いため、ウールやナイロン、
化繊などといった刺激がある肌着は避けましょう。

 

 

 

また、特に肌がデリケートな人は、肌着の縫い目などで刺激されて痒くなる事があります。
そのような場合は肌着を裏返しに着るという方法がお勧めです。

 

 

 

>>>皮膚科のおすすめの乾燥肌のための薬

もう乾燥とかゆみに悩まない!

潤いのある肌を手に入れるたい!
>>>極上の潤い体験をアナタに・・・